パーティードレスを格安で手に入れる!通販サイトを徹底比較!

トップ > パーティードレスについて > パーティードレスを選ぶ時は季節感や年齢も意識しましょう。

パーティードレスを選ぶ時は季節感や年齢も意識しましょう。

結婚式やパーティーなどのお呼ばれの時には、パーティードレスを着ていくことが多いと思います。
普段は着る機会の少ないものですから、お呼ばれを機に購入する方も多いのではないでしょうか。
パーティードレスというと「1着持っていれば安心!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、普段着用するファッションアイテムと同じように、季節感や年齢を意識したドレス選びが大切なのです。
いつお呼ばれしてもいいように、季節ごとのドレスを用意しておくといいと思います。
そして、ドレスは同じデザインでも、色によって全く印象が違うものです。
羽織やアクセサリーなどの小物に合わせやすいものを選んでおくと使い回しが効きますね。
また、場面によっては色やデザインで失礼にあたることもありますので、マナーを意識して選ぶことも大切です。


ドレスの季節感というとイメージしにくいですが、色や素材でしっかりと季節感が表現されています。
春は桜色や淡いグリーンのパステルカラーが人気で、袖や裾がふわりと揺れるシフォン素材が多いです。
夏は青系のキリッとした涼しげなドレスが人気ですが、季節柄「着心地」を意識して選びましょう。
汗でベタっと張り付きやすい生地も多いので、さらりとした薄手の生地を選ぶことが大切です。
秋はネイビーや赤などの落ち着いた色が人気で、秋ならではの季節感が楽しめます。
ドレスは肩まで覆えるものが少ないので、秋は七分袖のジャケットを羽織るのがオススメです。
七分袖なので重たく見えないですし、ドレスの色も主張させながらきちんと感も出すことが出来ます。
ベロアや少しファーがついた生地もこの季節ならではなので素敵ですね。
冬は黒系のドレスが人気ですが、暗く見えがちなので羽織でカバーすることと、少し柄の入ったものを選ぶのがいいでしょう。
クリスマスシーズンですから、明るめの赤もオススメです。


中高生から20代前半までは、肩紐が細いものやミニ丈のものが若々しくて綺麗に見えます。
段々と年齢を重ねるに連れてドレスの落ち着きも必要になりますので、肩周りの丈を長めにしたり生地面積を増やすことで対応しましょう。
最近はネット通販などで値段の安いドレスもたくさん売られていますが、結婚式などの場では「ペラペラとした生地」や「安っぽい飾り」は品がないので失礼にあたります。
あまり派手すぎる色もこの様な場では使えないので、使い回しが出来るような色を選ぶといいですね。
また、夏場でも肩を出すのは結婚式ではNGです。
薄手のストールなど、暑さ対策も出来るものを1つ持っておくと安心です。
ファー素材はゴージャスで素敵ですが、殺生を思わせるとして良くない場面も多いので、あまりファーが主張しないものを選ぶと品が良く見えます。
着る機会が少ないからこそ、様々な観点から品やセンスを見られやすいのがパーティードレスです。
予めきちんとした知識を持って、参加する側も素敵なお呼ばれに出来るようなドレスを購入しましょう。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ